とっとさんのスケッチ・ギャラリーV(#121〜)    

   ギャラリーT(#1〜59)はこちら    ギャラリーU(#60〜120)はこちら

 

NEW!#148 『ありし日の岐阜工場本館』

 
 

 つい先日取り壊されてしまった川崎重工・岐阜工場の(旧)本館であります。トットさん自身も45年前入社試験(面接)をここで受けましたし、ミサイルエンジニア時代に水野業務課長(当時)から『おーい業務の坂川君!』と呼ばれながら、2Fの航空業務部内に席をもらって『技術兼営業兼業務部員』をあい勤めた、懐かしの建物であります。

                       ***********   戻る   ***********

 

NEW!#147 『横蔵寺・医王橋』

 

 昨年9月に描いた横蔵寺の三重塔に続き、今回は入り口の川にかかる特徴的な赤い橋を、たったの?5日間という、トットさんにしては短期間で描き上げました。これも、前作同様、昨年7月22日に撮影したデジカメ写真がベースですが、手前の紫陽花の薄い赤紫が、バックの苔生した石垣に映えています。。

                       ***********   戻る   ***********

 

 

#146 『内宮・お白石持ち』

       
 

 2月に八日市場町の小西さん(万金丹)をバックにした京町の『お木曳き』の絵を描いたので、こんどは八日市場町の奉曳車が内宮参道・・・おはらい町・・・を行く姿を描いてみました。ネットで見付けた4年前の8月10日の写真がベースになっています。私自身は、その20年前・・・46歳の時に、八日市場町の半被を着て、外宮さんの白石持ち行事に参加させてもらったのですが、その時はまだ尾鷲の伯母さんも、よしお叔父さんも、勿論母も・・・皆元気で・・・なんてことを思い起こしながらの丸十日間ではありました。モノモライに悩まされながらも、あしかけ二十日・・・なんとかでっち上げたような次第であります。

                       ***********   戻る   ***********



#145 『多治見・修道院』

 
 

 この歳になると、30年前にお会いした高田三郎先生の(当時の)言葉がだんだん判るようになってきました。その高田先生とも関係のある真言修道会の日本における本拠地だったのが、この多治見の修道院だった・・・のであります。今は本部は南山大学のある名古屋市に移っていますが、いまでもここでカトリックの神父さんを育てているのでありまして・・・

 ちょうど訪れたのが快晴の秋は御昼時・・・スケッチの手を休めておにぎりをほおばっておられるお年寄りを描きこんでおります・・・少し葉の残った桜の木が二本・・・建物と重なって、なかなか描くのに難儀しました。

                       ***********   戻る   ***********




#144 『下宮・お木曳き』

 
 

 もうずいぶん前にネットで見付けていた『お木曳き』の写真を基にして、今回、10日ほどかけて描いてみることにしました。前回#143の完成が昨年11月2日ですから、ほぼ4ヶ月ほど間が空いてしまったことになります。実は完成するまで、この画の元の写真が、今から30年前のものだと思い込んでいて・・・そのわりには、後ろに写っているクルマの形が新しいので変だなあ・・・とは思っていたのですが・・・ 完成後、よくよくデータを再調査したら、2年間にわたってお木曳き行事が行われていることに気付かなかったことが原因だと判りました。

 今はもう無くなった『神農園』さんが描き込まれているこの画は、今から11年前の2006年5月の風景ですが、この1年後・・・2007年の京町の奉曳車は朱色の文字が多用されていて、ずっと派手になってましたので、てっきりその20年前の(先代の)奉曳車だと思い込んでいたのであります・・・とほほ・・・

 もともと、お木曳きは2種類あって、式年遷宮で用いられる檜の用材を、内宮用材は橇に積み五十鈴川を遡り内宮境内まで曳き上げ(川曳:かわびき)、外宮用材は奉曳車に積み宮川河畔より伊勢市内を通り外宮境内まで曳く(陸曳:おかびき)というのが基本的な形態だとネット情報にありました。この陸曳:おかびきは何度かこの眼で見てきたのですが、実施に行事に参加したのは1993年8月に八日市場町の半被を着て下宮正殿境内に入れてもらった『お白石持(おしらいしもち)』行事だったので、その24年前の時の記憶と混同してたのかもしれません。あの時撮影したヴィデオには、尾鷲のきよ子伯母さんや价雄叔父さん、母の姿も映っていて・・・時はながれました・・・

                       ***********   戻る   ***********

 

#143 『上高地・カラマツ林の秋』

 
 

 カミさんの緊急入院&手術で中断していた水彩画が、飛び石的に数えて丸10日目の本日(11月2日)、やっと完成しました。題材は上高地のカラマツ林・・・標高2470mの六百山(ろっぴゃくさん)を背景に、そしてドッグレグした梓川を前景にした『黄金色のカラマツ林』に見惚れた2009年10月21日の、あのひんやりした空気・・・を・・・思い出しながら描いた次第であります。

 「六百山」とは変わった名前ですが、ネット情報によると、上高地近辺は江戸時代の木材産出地になっていて、六百山からは600玉(ホダ)ほどの木材が産出されたことに由来しているらしい・・・とあります。木材を切り出せるような場所とはとても思えないけれど、築城と都市形成に莫大な木材を必要とした当時のこととて、このような辺鄙な場所にも樵が入っていたのかもしれません。梓川の水運を使い、いかだ流しか何かで運び出せたのでしょうか。

 

                       ***********   戻る   ***********

 

 

#142 『有松宿・井桁屋』

 
 

 今年の5月28日にはじめて訪れた有松は、平日のこととて、とても静かな佇まい・・・しかし、その昔、将軍様お買い上げだった有松絞りのお店は超デラックス! さすがと唸らされたトットさん、ここ2週間ほどかけて『病み上がり第2作』を完成させることが出来ました。 うだつの先端が優雅にカーブしているのは初めてお目にかかる細工で、 雨樋も銅板、本宅の壁土は入洛土か?・・・庭の松がこれまた凄い!  流石!東海道の名店:井桁屋さん!・・・と感嘆しきりであります。 質感追求・・・ということで、あまり見えない軒下の造作をも一生懸命に描かなければならない羽目になったので、時間がかかりましたが、それだけのことはありました。ただ・・・たまたま人物が居なかったので(想像で書き込めず)ちょっと寂しいのが残念! 

                       ***********   戻る   ***********

 

 

#141 横蔵寺・三重塔

           
 

 横蔵寺の三重塔ですが、苔生した石垣の迫力もまた素晴らしい! およそ2ヶ月前・・・7月22日に撮影したデジカメ写真がベースですが、なにせ「美濃の正倉院」と呼ばれているくらいの古刹でありますから、江戸時代の再建とはいえ、この三重塔と、石垣の迫力は只者ではありません。そのうえ、現地での 祈願のぼりを見てハタと気がついてみたら・・・なにせ御本尊がお薬師様・・・薬師瑠璃光如来さま・・・でありまして・・・手術を目前に控えていたトットさん、ひたすら手術が順調に進みますように・・・と『ご利益』を御願いしたことで、今回、病み上がりの第一作とさせていただいたような次第であります。 でも10日間、夜も昼も、根を詰めたためでしょうか・・・後で疲れが・・・どっと・・・出てしまい、いささか難儀しました。 まだ無理は禁物ですね。

                       ***********   戻る   ***********

 

#140 中津川宿

 
 

 中津川宿の酒屋さん(はざま酒造株式会社・酒遊館)です。もとはと言えば、去る5月21日の『盛り沢山ドライブ』の際に撮影したデジカメデータなんですが、ちょいと画角を広めにしたので、肝心の御三人衆が小さくなってしまいました・・・難しいものですねぇ。 舗装路面のピカピカはマスキング液を点描していおいて、あとでめくったもの。

                       ***********   戻る   ***********


#139 XT−4・試作2号機

 
 

 XT−4 602号機の試験飛行時代の雄姿です。いくつかプロセスを失敗したのでやや不満足な点がありますが、トットさんの最初のヒコーキの絵ですので、まぁこんなものでしょうか・・・こうやってあらためてじっくり見ていると、ずいぶん凝った形状をしていることがわかります。空力担当の皆さん、随分苦労されてますね・・・流石世界有数の遷音速機! こんな丸そうな格好をしていてもMddはマッハ0.91! 世界中のどの亜音速練習機よりも速いのです。

                       ***********   戻る   ***********


#138 天龍寺・夏至

 
 

 4年前の2012年6月23日・・・京都お庭巡り第2回;夢窓疎石さんのお庭を巡ろうというツアーで3箇所:17000歩も一日で歩かされて音を上げていた・・・のですが・・・その時のことを思い起こしながら描いていた『天龍寺・大屋根とお庭』であります。

 夢窓疎石さんのお庭を描くのは今年のお正月に 『秋の虎渓山・永保寺』をとりあげて以来の第2作目ですが、今回、季節は『夏至』・・・本格的な梅雨に入ろうとするこの時期の『湿気感』なるものが上手く醸し出されているでしょうか?

                       ***********   戻る   ***********

#137 中山道・御嶽宿・商家竹屋

 
 

 細久手を描いたので、こんどは御嶽を描こう・・・というノリで、安直にとりかかった商家・竹屋さん・・・御嶽宿の記念館になっていて、裏のお蔵も見せていただけます。ちょっとワイドアングルにしたので、描くパーツが超小さくなり、字を書くのに難儀しました。私の作品には珍しく、電線が一杯描き込んでありますが・・・実際はもっと多いんです!

                       ***********   戻る   ***********

#136 中山道・細久手宿・大黒屋

 

  2014年9月17日にはじめて細久手宿に出向き、細久手宿を代表する施設:大黒屋(かつての尾張藩本陣で、現在も宿泊可能)さんの姿を見たときのイメージを水彩画にしてみました。他領主との合宿を嫌った領主尾洲家が、問屋役酒井吉右衛門宅を「尾州家本陣」として定めたのが、『尾州家定本陣大黒屋』のはじまりである・・・と大黒屋さんのホームページに書いてありましたから、尾張藩本陣とは言っても、通常の『本陣』より小ぶりであるわけなんですが、流石に手の込んだ建物ではあります。惜しいのは・・・この大黒屋さんだけが細久手宿の遺構らしき唯一の建物だ・・・ということ。2年前に初めて訪れた時はひっくり返りそうになったトットさんではありました。まぁ、伏見宿も似たようなものなんですが・・・この絵を見て出かけよう!と思われた方が居られたら・・・その点だけはご注意ください。

                       ***********   戻る   ***********

 

#135 旧名鉄・美濃駅

 
 

 美濃町線は大正12年10月1日に現在地にて開設され、75年後の平成11年4月に名鉄美濃町線新関〜美濃間が廃止されて、現在に至っているわけですが、架線は撤去されているものの、大正期の姿を残す駅舎・プラットホーム・線路がそのまま保存されて往時をしのばせます。ありきたりのアングルを避けて、窓越しに終着駅の風情を出してみようと欲張ったら、モ601の窓に映ったモ512の丸窓やら、部屋のガラスに映り込んだ青空なんぞをせっせと描き込まねばならないという面倒な羽目になりました。

                       ***********   戻る   ***********

 

#134 春を待つ室生寺

 


 4年前の2012年4月8日・・・てっきり桜が咲いていると思って参加したバス旅・・・ところが前日に雪が降ったという、奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山深いここでは・・・まだ『梅の花』が咲いている!という状態でありまして・・・当然のことながら桜はまだまだ程遠く・・・快晴の素晴らしいお天気に恵まれたのは良かったのですが・・・法隆寺についで古いという『日本最小の五重塔』は 《まだ来ぬ春を待ち侘びている》 ・・・といった風情ではありました。はたまた、初夏には石楠花のピンクの花が咲き乱れることなのでしょうね。

                       ***********   戻る   ***********

 


#133 田平天主堂

         
 

 五島列島の頭ヶ島天主堂に引き続き、岐阜バッハの天野先生に唆されて・・・・・長崎県は平戸市の「田平天主堂」【たびらてんしゅどう】・・・に挑戦しました。この田平天主堂もまた行ったことが無い場所・・・なので、例によってグーグルアースでヴァーチャル訪問し、その結果、素晴らしいイタリア製ステンドグラスを有する美しい内部もさることながら、『教会建築の名匠・鉄川与助さんの最後の煉瓦造』と記事にあったこともこれあり、その『レンガ』を意識してアングルを決めた次第・・・そのレンガを一つ一つ描き、着彩していくことで先人の大変な労苦を偲ぶことができるような気がして、なかなか楽しい時間を過ごさせてもらいました。

                       ***********   戻る   ***********

#132 『フィレンツェ遠望』

 
 

 有名なミケランジェロ広場から(アルノ川をはさんで)見下ろした・・・のは・・・もう18年も前なんだなぁ・・・うーむ!・・・と、うなりながら描いたのは、ちょっとセピア調、かつ絵はがきチックなフィレンツェ旧市街・・・なにせチープなANAパッケージツアーだったので、ここでのお宿は、アルノ川沿いの・・・まぁビジネスホテルに毛がはえた程度の安宿だった・・・なんてことを思い出します。左手の塔が『ウフィッツィ美術館』、右手のドームが『花の聖母:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂』。手前の河畔の建物・・・本当はもうちょっとカラフルなんですが・・・。

                       ***********   戻る   ***********

#131 頭ヶ島天主堂

 
 

 岐阜バッハ合唱団の天野先生からいただいた年賀状に背中を押されて、五島列島は頭ヶ島という小さな島にある石造りの教会(カシラガシマテンシュドウ)を描き始めたら、なんと翌日夜にNHK『新日本風土記』で《長崎の教会》が放映され、その愛らしい姿を目にすることとなりました。勿論、今時のこととて、グーグルアースで山道を行き、駐車場から奥を覗き込むこともやってはおりましたが・・・。

 ちょうど義父の生れた明治の終わりころから、義母の生れた大正8年まで10年の歳月をかけて、近くの海岸の砂岩を切り出し、整形して寸法を整えた後、人力で建築現場に運んだ島の信者の皆さんのご苦労と熱意とが描いていると伝わってきて、なるほど天野先生が惹きつけられるわけだ!・・・と思いつつ・・・石の質感を出すべく奮闘しました。

                       ***********   戻る   ***********

#130 パリ・オペラ座

 
 

 10年前に連れて行ってもらったノルウエー演奏旅行の帰り道に寄ったパリでの《お買い物》が、今はもう撤退して存在しない『三越パリ店』だったのです・・・が、お買い物にご執心の皆さんを離れ、小走りに数百m・・・ひとりパリ・オペラ座を覗きに行った時の驚きは未だに忘れ得ないことであります。

 実は、その数年前に出かけたイタリア貧乏旅行で・・・ミラノの、あの有名なスカラ座は・・・行って見たら、実に《そっけない建物》でしたし、我々夫婦の仲人であった塩澤先生のお話では・・・「パリは期待していたほどじゃ無かった・・・煤けていて暗いし」・・・とのことだったので、トットさんとしては《あんまり期待してなかった》のでありまして・・・・・・で・・・・・・かどをまわって現れ出でたオペラ座・・・その屋上のキンキラキンに輝く一対のブロンズ像群と、王冠の如き銅ぶき屋根とがまことに美しくて魂消ました。さすがは世界に冠たる豪華なオペラ座!・・・パリ三越に戻って東海メールの都築会長に話を聞いたら、どうやら、パリ市街を高圧?洗浄してリフレッシュされたところ・・・ということだったらしいのです。なーるほどねぇ・・・

                       ***********   戻る   ***********

#129 日龍峰寺

 
 

 岐阜県に住みはじめて、もう40年以上になるのですが、知れば知るほどこの『美濃の国』の歴史の奥深さに驚かされます。この日龍峰寺(にちりゅうぶじ)は、岐阜県関市下之保にある高野山真言宗の寺院なんですが、もともとは 5世紀前半の仁徳天皇の時代(古墳時代!)にさかのぼれるらしい・・・ということは1600年ちかく前に造られたものがオリジナルということになりますね。

 『岐阜県最古の寺院』と関市のHPにありましたが、なんでも、美濃国に日本書紀にも登場する両面宿儺(りょうめんすくな)という豪族がいて、この地方に被害を及ぼしていた龍神を退治し、龍神の住んでいたこの山に祠を建立したのが始まり・・・とか伝わっているそうで・・・

 鎌倉時代、北条政子によって再興されたものの、室町時代、応仁の乱によって多宝塔(国の重要文化財)を残し堂宇の大半を焼失し、その後、江戸時代前期の寛文10年(1670年)に、この舞台造り(懸崖造)の本堂が建立され、現在に至っているのですが・・・それにしても、よくもまぁこんな田舎に・・・と思わされる、不思議な建物ではあります。つまりは、この地がとってもリッチだったんでしょうね・・・その昔は!!!!・・・・・・

                       ***********   戻る   ***********

 

 

#128 永保寺

 
 

 鎌倉時代(1313年)に開創された臨済宗南禅寺派 虎渓山・永保寺を久しぶりに訪れて、そのお庭の素晴らしさに感嘆、今回無理を承知で絵にしてみました。鎌倉末期に建てられた「観音堂」は国宝、池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されています。

                         ***********   戻る   ***********

 

#127 ローテンブルクの門

        
 

 「いかめしい石の門を潜り抜けると、そこは隔絶された世界である。」と東山魁夷さんが描いた、まさにその場所は、私が写真に撮ったここから30mほど門に近いところだったことを、後日、新潮文庫:『ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集』に見付けました。 「この郷愁の町は、私にとって、青春の日の象徴でもある。」と続く、この文章は、私自身のターニング・ポイントになった35歳の日々のことを・・・まるで『昨日の出来事であるかのように』・・・まざまざと思い出させます。 

                         ***********   戻る   ***********

 

#126 新雪の穂高

 
 

 一ヶ月前に描いた『焼岳・秋』と同じテクニックで『新雪輝く穂高岳』の雄姿を描いてみました。 『神が降りたもう地』:上高地・・・にふさわしい素晴らしい眺めに興奮した、あの日のことは忘れられません。

                         ***********   戻る   ***********

 

 

#125 大湫宿の大杉

         
 

 新しい技法の第2号として描いていたのが、この大湫宿の樹齢1300年の大杉の水彩画であります。この大杉(県指定天然記念物)は目通り6.5m高さ40mで、江戸時代、かの太田蜀山人の「壬戌紀行」に「駅の中なる左の方に大きなる杉の木あり、その元に神明の神社の宮を建つ」と紹介されている『御神木』であります。もともとは60mあったらしいのですが、最近?の3度の落雷で『20m』短くなっているらしいです。それで、このF6号の画面になんとか入るのですが・・・これでも、地面にペタンと座り込んでやっとのことでカメラに納めて、更に数枚の画面をパソコン内で変形・合成することで、今回仰ぎ見た、そのイメージを確定し描いておるような次第・・・。

 ともあれ今回、3度目の正直で、前回見ることが出来なかった『大湫神明神社の樹齢1300年の大杉と黄金色の銀杏』のコラボを見る事が出来たので、早速絵にしたということでありますが・・・いざ描き始めたら・・・銀杏の黄葉のグラデーション表現にはだいぶ梃子摺らされました。まるで有線七宝でも焼いているような、そんな試行錯誤の結果を御覧ください。

                         ***********   戻る   ***********

 

#124 焼岳・秋

 

 一度訪れてみたかった秋本番の上高地・・・航空専門学校の非常勤講師という身分になっったことで、やっと実現したのが2009年10月21日・・・その数日前、初雪が降ったというニュースでその気になり、快晴を見定めての早朝:6時半に家を出ました。『混まない田舎道を使って富加・関ICから高速に乗り、約100km離れた飛騨・清見IC経由で平湯温泉に9時到着・・・途中、高山市近辺が濃い霧に包まれていて焦ったのですが、ほどなく晴れて、絶好の青空と素晴らしい紅葉が見え一安心・・・9時20分アカンダナ駐車場をバスで出発、9時50分、大正池の湖畔でバスを下り、寒さに震えながら一時間ほど散歩・・・』と、当時の日記にあります。

 その『大正池』から見上げた焼岳の姿を、今回、新しい技法で再現してみたのが御覧の画・・・漫画用の墨汁を使って、コントラストを上げてみたのですが、ちょっと上げすぎかもしれません。

                         ***********   戻る   ***********

 

 

#123 パリの街角

 

 六年前に一度描いた、パリのサンジェルマン大通りのアパルトマンを、今回あらためてF10号サイズで描き直しました。各フロアごとに異なる手摺をあつらえたアパルトマンや、道路の市松模様、そしてお店の色遣い・・・も・・・・・・とてもお洒落です。東海メールクワイアー・ノルウエー演奏旅行からの帰り道にちょっと道草しただけの一泊二日『おフランス』小旅行でしたが、流石にフランス人が威張るだけのことはあって、トットさん、このサンジェルマン大通りの景観にいたく感じ入りました。でもナポレオン3世の強権発動がなければ、こんな素敵な街並みは生れなかったのでありましょうね。 ホテルの近くの地下マーケットの八百屋さん・・・お野菜を主とした各種食材の豊富かつカラフルなことにも驚かされましたが、この方は、なに、まだ春が来ていなかったノルウエーの、あの寒々とした景色を見続けていたことへの反動だっただけ・・・なのかもしれません。

                         ***********   戻る   ***********

 

#122 正眼寺の夏

 

 はじめて美濃加茂市伊深町の正眼寺を訪れた時の驚きは忘れられません。とにかく立派なお寺で、京都に居るような錯覚をすら覚えました。なぜこんな田舎に!?と、全くこの地を知らなかったトットさんはひたすらビックリさせられたのであります(実は半年間だけJR美濃太田駅前に下宿していたことはあるのだけれど・・・駅前以外は全く知らなかったのです)。

 なんでも鎌倉時代末期から南北朝時代の臨済宗の僧 関山慧玄(かんざん えげん、1277年 -1361年)という臨済宗妙心寺を開山された高僧が、一時この美濃国井深の地で隠棲されていたことが御縁となり、江戸時代のはじめに再興されたらしいのですが、いったいどんな経済的なサポートを受けたのかしらん・・・と不思議に思うのはトットさんだけでしょうかね。でも・・・そのムカシは京都から大動脈:東山道を経由、岐阜で分岐して下呂・高山へ行く主要街道のすぐ脇に位置していることを考えると、飛騨の匠の技量と、木曽のヒノキという材料、そして交通の要という三要素がこのお寺を造ったのかもしれません。今は高山線も越美南線(現長良川鉄道)も通っていないのが災いして、全くの田舎風景のままなんですが・・・。

 はたまた・・・個人的なことを追加すると・・・日本一小さな短大としても知られる正眼短期大学も運営されているということはかろうじて知っていたことなんですが、なんとトットさんの愛読書の著者で仏教学者の紀野一義さんが、1993年から正眼短期大学副学長を務められていたとは・・・・・・!!!!! 生前にお会いしておきたかったなぁ・・・・・・

                         ***********   戻る   ***********

 

 

#121 八丁味噌本社事務所

 

 今年の2月16日に連れていってもらった岡崎の八丁味噌の製造元:カクキューさんの本社事務所の雄々しい姿であります。 さて、描きあがったカクキューさん、こうしてあらためて看板を見ると、宮内庁御用達の文字にずっしりとした重みを感じます。昭和2年に工場を移転し、この看板をあげた社長さんの誇らしい《思い》というものが伝わってきて、描いている当方もニコニコしてしまいます。ところで・・・今回の新課題はヒコーキ雲とソテツの葉っぱの描き方・・・思ったよりは上手く行きました・・・と自画自賛!

 

    ギャラリーT(#1〜59)はこちら    ギャラリーU(#60〜120)はこちら

 

                         ***********   戻る   ***********